現場のつぶやき

現場のつぶやき

2018 2 8 足袋

休憩中の地下足袋風景
休憩中の地下足袋風景
「木の上ではこれでなくては」
 
すいません、休憩中の写真です。
 
普段の作業では足袋を履きます。
 
木に登り、微妙にバランスをとるには地下足袋が一番です。
昔は足袋に草履履きでしたが明治時代に入り、ゴム素材が入ってきてから今の形になりました。
最近は土木屋さんも履きませんが、植木屋さんのユニフォーム的な実用品として使っています。
 
履き始めはコンクリートやアスファルトの地面を歩くと足が痛くなるようです。
自分は最初から大丈夫で今では普通の靴が履けなくなり、足袋の感触に近い靴を探して履いてます。
足が蒸れないので臭くならず、フィットして植木屋さんにはなくてはならないモノなのです。
 
以前、靴屋で仕事をしていたので色々な靴を履きましたが、こんなに素晴らしい履物は中々ないと思います。
普段着に合わせて履くには難しく、勇気が必要で自分には無理で残念です。
 
本当に身の回りの道具達にはいつも感謝です。(Y)