本文へ移動

現場のつぶやき

現場のつぶやき 番外編 ~ 野崎の庭 ~

2018年9月6日  野崎の趣味は園芸

ユッカ・ロストラータ
地植えの ユッカ・ロストラータ 
 「地植えのユッカ・ロストラータ」
 
今年の夏は異常な暑さで降雨も少なく、お手入れに伺ったお客様のお庭でも水切れで枯れてしまった樹が多く目立ちました。
私の家の庭でも落葉樹はほんの数日灌水を怠ると水切れのサインが出てしまい、慌てて水遣りを行うといった具合です。
 
そんな酷暑の中でも旺盛に育っているのが写真のユッカ・ロストータです。
ボールのように広がるシルバーブルーの葉と、動物の脚を連想させる幹が特徴です。
メキシコの砂漠などのような昼夜の寒暖差の激しい乾燥地帯に自生しているので暑さ寒さにはとても強く、関東以南であれば問題なく越冬が可能です。
但し、日本の冬は湿度が高く、凍害が起きやすいので植えこむ場所や土壌に工夫が必要です。
 
流通量が少なく、価格も高価ですが、それに見合った特別な存在感を持つおすすめの植物です。
 
(野﨑)
 
 
 
 

現場のつぶやき

2018年2月8日  こだわりの足袋

休憩中の地下足袋風景
休憩中の地下足袋風景
「木の上ではこれでなくては」
 
すいません、休憩中の写真です。
 
普段の作業では足袋を履きます。
 
木に登り、微妙にバランスをとるには地下足袋が一番です。
昔は足袋に草履履きでしたが明治時代に入り、ゴム素材が入ってきてから今の形になりました。
最近は土木屋さんも履きませんが、植木屋さんのユニフォーム的な実用品として使っています。
 
履き始めはコンクリートやアスファルトの地面を歩くと足が痛くなるようです。
自分は最初から大丈夫で今では普通の靴が履けなくなり、足袋の感触に近い靴を探して履いてます。
足が蒸れないので臭くならず、フィットして植木屋さんにはなくてはならないモノなのです。
 
以前、靴屋で仕事をしていたので色々な靴を履きましたが、こんなに素晴らしい履物は中々ないと思います。
普段着に合わせて履くには難しく、勇気が必要で自分には無理で残念です。
 
本当に身の回りの道具達にはいつも感謝です。
 
(吉田)
 
 
TOPへ戻る